2004/8/14
Dali Gaudi             
ダリ生誕100年に関する記念行事を見るためのスペイン(一部はフランス)訪問記録
Casa・Mila Passeig de Gracia 92 08008 Barcelona
   ガウディの設計によるカサ・ミラの地下で開催された企画展です。ダリとガウディに関する写真やデッサン、原稿などが展示されました。
 ダリはガウディを尊敬していて雑誌ミノトールにガウディの建築物を「身の毛もよだつ可食的美」と表現して寄稿していました。
 ダリに関するニュースの映像がビデオで映写されていました。夜のグエル公園でガラを伴ったダリが大衆の見守る中、大きな画布にサグラダ・ファミリアを描き上げていました。画布は白い約5m四方のもので、杖と大きな筆を持ったダリが画布の上にのって描いています。映像が白黒なので絵具の色は分かりません。 ガラは演壇中央の椅子に腰をかけていて君臨しているようでした。また、カタルーニャ地方の伝統的な「人間の城」がつくられ、煙の中で崩れ落ちる場面も出てきます。 
開催日=2004年4月8日〜2004年5月16日(管理人abeの訪問日=2004年4月25日)
開館時間=10:00〜20:00
入場無料 
地下鉄Diagonal駅からカタルーニャ広場方面へ徒歩2分
カサ・ミラの入り口に掛けられた「DALI GAUDI展」の看板
カサ・ミラの全景

カサ・ミラ本体の見学は向かって右奥の入り口から入ります。開館前は長蛇の列が出来ます。
「DALI GAUDI展」のチケット

サルバドール・ダリの世界トップダリを求めて2004年スペイン訪問報告>2004カサ・ミラ