2002/10/12
ウィリアム・テルの謎、全画集No.449
 
英語タイトル The enigma of William Tell
(参照出来るポスターがありません)
制作年 1933年
大きさ 縦201.6*横346.0cm
所在 ストックホルム国立近代美術館
 
 著作権所有者の許諾未了のため映像を表示していません。TASCHENの全画集を参照ください。上記No.は全画集に表記のナンバーです。 管理人abe
 
 
管理人の感想
 非現実的なおしりや、帽子もさることながら、このただならぬ雰囲気の中にあって、平然と餌をついばむ鳥たちとのコントラストが印象深い。
 
 
ブルトンとの確執
 この作品が描かれた時代は、共産主義が台頭している頃で、アンドレ・ブルトンはじめ、多くの芸術家が共産党員に登録していました。アンドレ・ブルトン率いるシュルレアリストグループは、共産党革命に積極的に参加しようとしていました。レーニンはブルトンの憧れの的だったのです。
 この作品の男の顔はレーニンです。レーニンが下半身のみ裸にして、片方のおしりを尖らせながら、何物かに喰らいつこうとしています。
 この作品はアンデパンダン展に出品され、その初日に訪れたブルトン達を怒らせ、ステッキで破こうとしたほどです。壁の高いところに掛けられていたので難を免れました。
 この絵がきっかけで、シュルレアリスト・グループからの除名と排斥を要求される声明文が書かれたのです。
 
 
画集
 この絵が掲載されている画集は以外に少ないです。載っていても白黒の映像のものが多いと思います。そんな中で、岩波書店の「世界の巨匠ダリ」は印刷の状態も非常に良く、解説も詳しく載っています。
 
 

サルバドール・ダリの世界トップダリの油絵>油絵0449