2003/11/24
世界公会議、全画集No.1185
 
英語タイトル The Ecumenical Council
1185の画像参照リンク
制作年 1960年
大きさ 縦300.0*横256.0cm
所在 セントピーターズバーグ、ダリ美術館
 
 著作権所有者の許諾未了のため映像を表示していません。TASCHENの全画集を参照ください。上記No.は全画集に表記のナンバーです。(もしくは、上記タイトル内の画像参照リンクから、AllPostersさんの画像を参照できます。) 管理人abe
 
管理人の感想
 画面全体の構成は、ミケランジェロの「最後の審判」に似ている気がします。ダリの気持ちの中に、カトリックの世界が広がっているのが理解できます。
 
構図
 この絵の構図について気が付いたことを書きたいと思います。
  @水平線の上の部分がほぼ正方形の形になっている。
  Aその正方形の中央部に十字架の×印がある。
  Bその×印は正方形の対角線と一致する。
  Cその対角線で区切られたそれぞれに人物が描かれている。
  D上部には父なる神、左にその子のキリスト、右に聖霊、下にガラです。
    (この記述はダリ展1999からの抜粋です。)
    (何故、キリストが女性の姿なのか私には解りません)
 
*映像を表示できないので、ぼかしています。
教会
画面の奥に見える教会の内部は、「大聖堂での信仰の炸裂」(油絵1160)と同じものです。どこの教会がモデルになったのかは知りませんが、神聖な場所のイメージがよく表現されています。
 
ガラの肖像
この絵には十字架を持ったガラが登場しています。私は宗教のことは何も知りませんが、このガラは聖女ヘレナとして描かれていると言われています。
 この絵が描かれた1960頃のガラは、聖女とはとても言えないどうしようもない状態だったはずです。しかし、ダリはあえてガラを単なる女性ではなく、神聖なものとして描きたかったと思います。ダリにとってガラはいつまでも神聖な存在で、ダリの支配者で保護者だったのです。
 ガラのこの姿は「ポルトリガトの聖ヘレナ」(全画集No.1096)にも登場します。
 ガラのこのポーズを見ると、ミケランジェロのモーゼ像を連想してしまうのは私だけでしょうか?
 
ダリの肖像
画面の一番手前にはダリが登場します。画家としての自信を見せつけるような風貌です。宗教の前に怯むことなく絵筆をとっているダリがここにあります。この自画像はベラスケスの自画像のポーズに倣っていると言われています。
 この肖像は、壮年期のダリの姿を端的に表しているので、展覧会などのチケットによく使われます。
    1964年のダリ展、  1999年のダリ展
 
絵の大きさ
この絵を描いた時期には、大きな宗教画を描いています。大きな絵は複数の画集で、その大きさの表示が異なることが少なくありません。絵の大きさについては、その他1を参照してください。
 
 

サルバドール・ダリの世界トップダリの油絵>油絵1185