サルバドール・ダリの世界トップHPの紹介

ダリのホームページ紹介

自己紹介
 私は高校生の時に初めてサルバドール・ダリの作品を知りました。強烈なショックを受けたのをまだ覚えています。それ以来、ダリを求めて機会ある毎にダリの作品や書籍などに触れてきました。私自身も油彩を描きますが、誰かに学んだことはなく、見よう見まねです。主に静物画を1〜2年に1枚程度描いています。また、ダリの作品は数枚を模写し、自宅の壁面に掛けてあります。
 ダリの作品の充実しているフロリダのセントピーターズバーグのダリ美術館や、スペインのフィゲーラスダリ劇場美術館などへ行った事もあります。その他のダリの作品が展示されている美術館も機会の許す限り訪れました。
 日本人はダリ好きの人が多いのではないかと思います。秋葉原と鎌倉駅前にはダリの宝飾美術館がありましたし、現在は福島県にダリの彫刻では世界一と考えられる諸橋近代美術館があります。
 インターネットは始めたばかりですが、ダリに関する御意見を聞いたり、情報発信をし、ダリに関心のある方のお役に立てれば幸いです。
                                                  2001年4月 abe
 
ホームページ開設にあたって
 このホームページはIBMホームページビルダー6で作っています。私はコンピューターのことはほとんど分かりません。ですから、効率のいい使い方も出来ていないと思っています。このホームページはまだまだ未完成ですが、1年以内には一応の完成に漕ぎ着けたいと思っております。
 サルバドール・ダリに興味があって、このホームページの完成を期待していただける方がおりましたら、気長に待っていてくださるようお願いいたします。
                                                 2001年4月 abe
 
知的所有権
 このHPでは、今のところ著作権所有者の許諾を得ていないので、ダリの絵の映像を公開していません。
 権利者からの要請等があった訳ではありませんが、知的所有権保護の重要性を尊重しての処置です。「要請があったら消去する」というような状況は違法行為になります。
 また、このHPに記載されている文章等の著作権に関しては管理人abeが有しており、許諾無しに使用することは出来ません。
                                                 2002年8月 abe
 
免責
 このHPや、リンク先の情報に起因して閲覧者に問題が発生しても、その責任は情報を基に判断する閲覧者にあります。
                                                 2002年8月 abe
 
より深くこのHPを楽しむために
 このHPはダリに関する本格的なHPですが、上記の理由で絵の映像がありません。映像が無くても有効な情報が充実していると自負はしていますが、より深く理解し積極的な意見交換をするために「ダリ全画集」の入手を推奨します。映像を見るべき箇所では「全画集No☆★★」と表示しています。
          出版元=TASCHEN、廉価版4,000円
                                                 2002年8月 abe
 
リンクについて
 このHPでは海外のダリ専門サイトへのリンクについて了解を得ています。作品の映像を公開していないのは上記のとおりですが、映像を参照したい方はご自身の判断で参照してください。
 リンクと著作権について関心のある方は、電子ネットワークの知的所有権法 FAQを参照ください。
                                                  2003年4月 abe